競馬

2017年 アルゼンチン共和国杯 みやこS 京王杯2歳S ファンタジーS 回覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペースはスローだが、全体的に緩むところはなくミドルに近いスローペース。
個人的にレースを見ていた感触ではもう少し速いかなと思っていたのでスローなのが少し意外ではあった。
レースはスワーヴリチャードが他馬を寄せ付けずに圧勝。ここではレベルが違うといえるような走りを見せました。

今回はスタートがスムーズでした。
ダービーでもある程度改善されてた事は確かですが、それでも少し出負けしていました。
アレだけのスタートが切れてば正直位置取りにはほぼ困りません。
直線で進路が狭くなるかどうかでしたが、そのへんの進路取りはデムーロ騎手なので問題なかったです。

パドックも個人的にはクイーンSで見たアエロリット同様古馬と比較しても一番良いなと思ったくらいなので素直に古馬と戦える力はあるなと見てよいかなと思います。

2着にはソールインパクト。
んー、まぁ夏のG3にしてもはそこそこレベルが高かったと思ってる七夕賞の3着は伊達じゃなかったかなというところ。
アルバート以外は道中内を回ってきたり、前にいた馬なので展開の恩恵があった事には間違いないですが淀みないペースになると強いかなと。
条件戦では今一歩でしたが、上のクラスのペースの方があってる可能性はそれなりにあるかなと。
次回はそれなりにハンデが見込まれて人気も落ちると思いますが、あまり過小評価はしないようにしておきたいです。

3着にセダブリランテス。
ポジション、馬場位置取りはこの馬にかなり向いたと思うんですけどね。
直線の位置取りはスムーズではなかったところはありましたが、それでもこのハンデ差でスワーヴリチャードとこれだけ差がつくかぁというのが正直なところ。
個人的にはこのハンデ差ならセダブリランテスの方に分があると思っていたので個人的には不満ですかね。
まぁスワーヴリチャードが思った以上に成長していたという方がありえそうなので、一応評価は落とさないですが。

4着はアルバート。
これは斤量が響いたのと道中&コーナーで外を回ったのが響いたかなと。
基本的には内か前にいないと辛かったはずなのでしょうがないかなと。一応8番手にはいたので勝負できる圏内ではありますが、あくまで勝負できる圏内だったというだけですからね。

5着にカレンミロティック。
これは連対してほしかったなぁというのが最初の感想。
どの馬を前に置くかがネックではありましたが、マイネルサージュが逃げてくれたおかげでうまく番手が取れました。
正直4角で突き抜けてくれるかと思ったんですが、スワーヴリチャードに出し抜かれると失速しないものの伸びきれずといった感じで終わってしまいました。
まだ重賞でも通用する力があるのは見せてくれましたが、この馬が出走しそうな長距離G2だと少し足りないかなと判断したくはなります。

素直にテイエムジンソクの単勝も買っとけ(´;ω;`)
結局はエピカリスとテイエムジンソクのダブル単勝が正解のレースでした。

エピカリスは仕上げは微妙という感じでしたが、それでも前回より十分に上積みがあるはずなので今回はいける可能性が高いかなと思いましたが足りませんでした。
パドックを見た限りでは良くも悪くもないといった感じでさほど問題あるようには見えませんでした。
今回は外枠からポジション取りにも苦労しましたし、ポジションを上げる為に脚も使っています。
能力評価は流石に落とさざるを得ませんが、今回も状態面という敗因はあるのでG1でも通用するという評価は今のところ変えるつもりはないです。

勝ったテイエムジンソクはこのレースをやってくれれば、そうそう負けないよねというレースです。
チャンピオンズカップでは一番人気にはならないと思うので本命にする可能性は高いかなと思います。

あとはこのレースで評価したいのはタムロミラクルです。
4コーナーで少し窮屈になるシーンがありました。
シリウスSでもあまり負けていないので次走は狙ってみてもいいのかなと思います。

京王杯2歳Sはタワーオブロンドンが優勝。

んー、まぁこのメンバーなら流石によっぽど負けないかなという感じですね。
エントシャイデンやトーセンブレスが弾けるのが問題でしたが、弾けなかったので余裕の勝利といったところです。

流石にワグネリアンやヘンリーバローズあたりとの上がり勝負は分が悪いと思いますが、このレベルの上がり勝負なら問題ないですね。
ピースユニバースは少し危なかったですがw

カシアスやアサクサゲンキはしっかり走ってくれます。
好位型なので不利も受けにくいですし。
能力は評価されにくいでしょうし、私も評価を上げるつもりはありませんが馬券には積極的に組み込みたい2頭かなと思います。

ニシノウララは今日の馬場状態ならカシアスとアサクサゲンキの一角崩しくらいはあってもおかしくなかったと思いますが、タイセイプライドやアサクサゲンキに先手を取られてアウトです。
いくらこの2頭の上りがそこまでとはいえ、流石にニシノウララがそれ以上という事はないはずです。
条件戦だと人気にはなりそうなので狙うかどうかは微妙ですし、重賞でも牝馬限定だとフェアリーS、クイーンCでもアリア、モルトアレグロあたりとぶつかる事になりそうなのであまり狙えそうなところがありません。
共同通信杯やフラワーCとか出てきたらもしかしたら買うかもしれないです。

このレースはカシアスの評価を推奨馬にしたのがちょっと問題だったかなと。
エントシャイデンやトーセンブレスの末脚炸裂の可能性を高く見積もり過ぎてしまいました。
素直に走ればカシアスが2番手だという評価をしなければならなかったと思います。6番人気でもありましたし。

最後にファンタジーS。

これはベルーガが強かったです。
新馬戦でもある程度の素質は感じさせてくれましたが、重賞でもしっかり力を発揮しました。
まぁクラシック戦線にはくると思いますが、外差し馬場ではあったと思うのでもっと多頭数になったらというところはありますかね。
阪神JFに出てくるとは思いますが、昨年のリスグラシューのように届かずというはわりとありえる部類だと思います。
上位3頭に不利があっても覆せるほどの力差はないかなと思いますし。

コーディエライトは番手に付けず逃げる形になりました。
ちょっとこれは意外だったかなというのが正直なところです。
もっとじわっと出していくとは思っていたので。
ただ、包まれると駄目な馬なようなのでこの選択は仕方ないかなというのはありますかね。
この馬もアサクサゲンキやカシアス同様、不利を受け辛く力を発揮してくれるので馬券ではちゃんと狙っておきたい馬ですね。

3着のアマルフィコーストは道中少し掛かり気味なりました。
その影響で位置取りはかなり下がります。
うーんちょっともったいないかなという感じですね。
位置取りが下がった影響は少なくなかったと思うので、これがなければ勝っていた可能性はそれなりにあったと思います。
コーディエライトは外枠なら狙いたい馬ですが、この馬は内枠で狙いたい馬になりますかね。
差し馬なので前が壁は十分にありますが、そちらの方がまだましかなと。

6着のペイシャルアスは個人的には評価して良いのかなと。
伸びないと思ってる内からの差しなのでそれなりに評価していいかと。
+10kgの分も影響していたでしょうし。
それでも上位3頭に足りるかというか微妙という評価にはなりますが、阪神JFにいくなら2桁人気にはなるでしょしあまり侮れない存在かなと思います。

注目してたボウルズは個人的には位置取り的には望み通りの競馬でした。
ただ、制御には苦労している様子ではありました。実際にレース後コメントでも力んで走っていたという評価のようです。
渋った馬場での走りはちょっと見てみたいですかね。雨で嫌がる可能性もありますが、渋った馬場でこのへんが抑えられると面白いかなと。
個人的には能力のある馬だと思っているので狙い所は見付けたいですねぇ。


最後に日曜に狙ったオペラカイジンについてコメント。
走り自体は悪くなかったと思いますが、最後に息が切れてしまったという感じです。
休み明けの分なのか単純に距離が長いのか。放馬したようなのでその影響もあるかもしれないです。
おそらく次回も狙うと思いますが、距離短縮してくれたらさらに嬉しいですね。

来週はG1シーズンが復帰しますね。
今のところエリザベス女王杯はヴィブロスで考えていますが、人気はどうなるでしょうか。
ミッキークイーン、ルージュバック、ヴィブロスで人気が割れるとは思っているんですけどね。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*