競馬

2017年 みやこS 有力馬能力評価ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エピカリスとテイエムジンソク、キングズガードの3強という感じだけど、京王杯2歳S程、他の馬にチャンスがないとは言わない。
あと3歳勢は実際は条件戦上がりの古馬の方が単純な能力では上だと思うが、斤量差も込みで評価を上に。

有力馬能力評価ランキング

1位:エピカリス
能力評価:A

アディラートが1000万条件を突破できないのでこの評価はやり過ぎかな?と思わなくないが、ヒヤシンスSは着差以上の勝ちだったと見ている。
10回やれば9回はエピカリスが勝つだろうという内容だった。
また、まだ2歳だったとはいえJDDを勝ったヒガシウィルウィンを北海道2歳優駿で完封。
前走は爪が酷い状態で出走だった様子。評価は落とさずにそのままA評価。

2位:テイエムジンソク
能力評価:A-

古川騎手に乗り替わってから見違える馬になった。
少なくともOPクラスで手間取る馬ではない事が分かる。
エルムSはどちらかという騎乗に不満がある内容なので評価は落とさず。

3位:キングズガード
能力評価:A-

南部杯、プロキオンSを見てしまうとこれくらいの評価はしないといけないのかなと。
南部杯にしてもコパノリッキーに比べるとどうしても見劣りはしてしまうが、それでも何かしらの恩恵があればG1を取るチャンスはあるくらいの馬。

4位:アスカノロマン
能力評価:B

厳しい流れになればという条件付きではあるが、そういう条件なら昨年のチャンピオンズカップのように走れはする。
なのでB評価としたが、常に上位に入れる訳ではなさそうというのが何とも言えないところではある。

5位:モルトベーネ
能力評価:C+

アンタレスSは完勝と言って良い内容だが、ロワジャルダン、ロンドンタウンは決して有利とは言えず、ミツバも後方からの競馬。
G3クラスでは上位争いできる力だと思うが、それ以上の評価は難しい。
前走は叩き台といった感じなので評価を下げる必要もないかなとは思う。

6位:タガノディグオ
能力評価:C

レパードSでは体調面が悪かった様子。
白山大賞典は前が止まらない流れで4着。コーナリングでは見せ場もあり、見どころはあった。
後々G3くらいは制覇してもおかしくないかなと。

7位:ローズプリンズダム
能力評価:C-

レパードSで評価は見誤っていたかなと思う一頭。
少なくとも古馬重賞でこれくらいは活躍できるかもしれないとは思わせてくれた。
ただ、鳳雛Sで2着のリヴェルティが1000万を通過できないのは少し気になるところではある。
あまり高い評価はできないかもしれないという事でC-評価。

8位:モンドクラッセ
能力評価:C-

みやこSを見るとダートトップクラスとはやはり力差があるといったところ。
ただ、テイエムジンソクを除いたこのメンバーなら勝ってもおかしくない実力はある。
ただ、ここ2走の不振が何とも言えない。能力はあるはずだが…。

9位:トップディーヴォ
能力評価:D+

斤量差があったとはいえ、マスクゾロに勝った事は素直に評価しておきたい。
OPに上がってからも全て6着以内とOPクラスでは上位かなと思える。
シリウスSはメンバー的にはどうかというところもあるので評価は据え置き。

10位:タムロミラクル
能力評価:D+

シリウスSでは見せ場あり。
少し距離が長かったのか最後は脚が止まった。
距離短縮となれば見せ場があっても。

11位:サルサディオーネ
能力評価:D

レパードSは展開が向いた面もある。
評価自体は見誤っていた事は確かだが、やはりOPクラスでもまともに戦えるかと言われると現状は半信半疑ではある。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*