競馬

2015年 秋華賞 予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クライマックスシリーズはソフトバンクがストレートで勝ち、日本シリーズ出場を決めましたねー。ヤクルトも本日、日本シリーズは

今年は順当にリーグ優勝チームの対決となるようです。


では、秋華賞の予想に入ります。

ルージュバックがいないのは非常に残念ですが、ミッキークイーン、レッツゴードンキと春のG1馬2頭がいるのでレース自体は盛り上がりそうです。
今日の府中牝馬Sでルーメル騎手が素晴らしい騎乗を見せて勝ったので、タッチングスピーチも人気が集まりそうですね。

実力的にはミッキークイーンが半歩リードといった印象ですね。前走はタッチングスピーチに遅れを取りましたが、休養明けという事を差し引けばこの馬の方が実力は上だと思います。

あとはタッチングスピーチ、レッツゴードンキ、トーセンビクトリーは横並びかなって感じですね。展開次第で順位はコロッと入れ替わりそうです。

計りきれないのがココロノアイ、ディアマイダーリン、アスカビレン、キャットコイン、マキシマムドパリあたりですね。夏を越してどこまで力を付けているか。上位の馬まで届くのかというと考えされられるところです。マキシマムドパリは武豊ジョッキーがトーセンビクトリーを選んでいるので、現状は届かないかな?という気はしますが。
ちなみに紫苑S組はやはり少し見劣りはするのというのが私の評価であります。

という事で展開から少し絞っていこうと思います。
レース展開はミドル~ハイペースあたりになりそうです。タッチングスピーチやミッキークイーン等の有力馬は後方位置になると思いますが、ノットフォーマル、レッツゴードンキを筆頭に先行争いはそれなりに起こりそうで、好位置に付けたい馬も何頭かいるのでスローペースになるという事はまずないと思います。

有力馬の位置取りはレッツゴードンキが2番手、トーセンビクトリーが6~7番手、タッチングスピーチが12~13番手、ミッキークイーンが16~18番手といったところでしょうか。

トーセンビクトリーやタッチングスピーチはコース取りがうまくいけば、馬券圏内にきそうですね。逆に立ち回れなければ掲示板すら危ういでしょう。
レッツゴードンキやミッキークインは掲示板あたりは確保しそうですが、他の馬にうまく立ち回れると馬券圏内は難しそうです。

どの馬も等しくチャンスがあり、難しいところですが一番安定しそうなのはミッキークイーンですね。とは言っても人気的にもあまり積極的には狙いたくない1頭です。
という事で予想はこうしました。

◎13アスカビレン
〇4ディアマイダーリン
▲18ミッキークイーン
☆10レッツゴードンキ
△2クインズミラーグロ
△7トーセンビクトリー
△9クイーンズリング
△11タッチングスピーチ

という事で今回も穴狙い。

トーセンビクトリーやタッシングピーチが思い通りに競馬ができない時、この馬に結構チャンスがあるかな?と思います。
外枠からで位置取りに困ることにもならなさそうですし、素直に競馬ができそうです。

そうなるともちろんレッツゴードンキやミッキークイーンがしっかり走ってくると思うので、この2頭には重めの印。トーセンビクトリーやタッチングスピーチは切ることも考えましたが、なんだかんだ地力はあると思うので抑えておきます。

ディアマイダーリンは調教の動きが良いようですねー。夏を越して、という事は十分にありえるので対抗に。

馬券は◎の複勝。◎から印に馬連。〇▲☆は厚めに。◎→〇▲☆→△への3連複。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*