パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

日経新春杯 愛知杯 週中の戯言

投稿日:

きまぐれの週中予想です。
半分ネタのようなものも書いていくと思うのであまり参考にならないと思います。

日経新春杯

実は冬馬じゃねーの?

日経新春杯を予想する上でどうしても切り離せないのがミッキーロケットの存在。
京都大賞典、中日新聞杯の敗戦で私の評価は目下急落中の同馬なんだけど、週中でふと考えてたらこの馬もしかしたら冬馬なんじゃねーの?という疑惑が浮上した。

中日新聞杯は負けはしたものの京都大賞典よりはパフォーマンスを上げていると思う。
昨年の日経新春杯や京都記念を考えると京都大賞典は明らかに物足りないけど、中日新聞杯はまぁまぁまずまず。
京都大賞典は秋とは思えない暑さ。サウンズオブアースが暑さにやられたんじゃないというのはわりと有名な話。

宝塚記念にしてももう少しやれても良かったんじゃないかと思う。
でもパフォーマンス的には上位と力差が見えるような内容だった。

単純にパフォーマンスを下げてる可能性もあるけど、中日新聞杯はパフォーマンスを上げてると思うしちょっとこの可能性は頭に入れておきたい。
netkeibaの予想オッズが2.3倍。これだと複勝は1.2倍くらいになるかな。
パフォーマンスを下げてるようだとトップハンデでもあるし、ちょっと狙い辛い気もするけどまぁこのへんは前日まで纏めておこう。

愛知杯

ハンデキャッパーとの勝負

賛否両論あると思うが私は日本のハンデキャッパーはかなり優秀だと思ってる。
特に牝馬重賞は神がかってないかと思うほど。
日経新春杯もハンデ戦だけどハンデ戦は牝馬重賞の方が面白いと思ってたり。
中山牝馬S、マーメイドS、ターコイズSと混戦レース。愛知杯はマキシマムドパリが抜けたけど、3着以下は混戦。
どの馬にもチャンスがあるとはこういう事を言うんだなと思う。

ハンデ重賞ではトップハンデを狙えなんていうのはよく言われるが、この4レースではマジックタイムが連に絡んだだけ。
まぁ愛知杯は落ち目に入っていたシャルールだったり、夏しか走らないヒルノマテーラ。
マーメイドSは中山大好きのトーセンビクトリー。
ターコイズSは大外回しての4着だったラビットランと純粋にちょっと足らなかったリエノテソーロ。
こうやって見るとまぁやっぱりまともに走れそうならトップハンデを狙うのが良いっぽい。

今年のトップハンデはマキシマムドパリ。
56kgで他より抜けてる。
次位が54kgだからハンデキャッパーはかなりこの馬の実力を見込んでる事になる。
でも実際そうは思う。
エリザベス女王杯は前有利ではあったけど強い競馬。
あんな感じに乗れば大崩れはしないはず。
予想オッズは3.0倍だけど、こんなに人気にはならないんじゃないかとも思う。
でもエテルナミノルとかキンショーユキヒメあたりは一発あると思うし、クインズミラーグロやサンタフェチーフも侮っちゃまずい。
枠順でそれなりに変わってくるかな。

個人的にはマイ注目馬に登録してるコパノマーリンあたりも気になるけど、他の馬のレースを見直してからの評価にはなると思う。

最強競馬ブログランキング

スポンサードリンク

-競馬
-

Copyright© 馬レコ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.