パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

令和元年 菊花賞 予想

投稿日:

人気馬が妥当に優秀なオッズ比を出しています。
というよりは春の実績馬が高い評価を得ているという方が正しいです。

条件戦組に人気がわりと集まってるので春の実績馬の評価が低いという感じですね。

◎タガノディアマンテ
〇ワールドプレミア
▲ニシノデイジー
☆レッドジェニアル
△ヴェロックス

本命はタガノディアマンテにしました。
タガノディアマンテを春の実績馬と評価するかどうかが評価するポイントだとは思いますが、春の実績馬と評価します。

皐月賞の6着はヴェロックス以外には威張って良いですし、ダービーも不利がなければもう少し上の着順になっていたと思います。
ワールドプレミア以下、印を打った馬より実力があるか?と言われるとこの中では一番下だと思いますが、この人気はないだろうという事で本命にしました。

対抗はワールドプレミアです。
能力の評価が分かれている部分が多いとは思いますが、個人的には春より強くなった一頭だと思ってます。

神戸新聞杯は権利取り狙いの3着だとは思いますが、だとしても上がりはサートゥルナーリアと同じです。
この人気は妥当という評価をしました。

単穴にニシノデイジーです。
ルメール人気とは言われてますが、このメンバーなら勝浦騎手でも10倍前後には収まったんじゃないかなとは思います。

それでルメール騎手が乗るならまぁ6倍切るくらいまでは妥当な人気かなとは思います。
前走のセントライト記念も伸びない外々回って、タガノディアマンテもねじ伏せているので少なくともセントライト記念組では一番高く評価したいです。

推奨馬にレッドジェニアル。
前走負けはしたものの、ポジションを取りにいっての負けでした。

スローだったのであれをどう評価するか難しいですが、少なくともステップレースで臨んだレースのはずなので上積みはあるかなとは思います。

抑えにヴェロックス。
評価が一番下にはなりましたが、正直ワールドプレミア以下はそこまで評価に違いはないです。

素直に考えればこの馬が勝つと思います。
距離不安がささやかれてますが、他の馬も似たようなものだと思っているのであまり気にならないです。(神戸新聞杯でも似たような事を言った気がする。サートゥルナーリアに対してだけど)

雨の影響も残っていると思いますし、それなりにタフなレースにはなると思いますが、それでもスタミナ自慢と思えるような馬はいないので素直に春の実績馬を買うのがいいかなという風に落ち着きました。

最強競馬ブログランキング

スポンサードリンク

-競馬

Copyright© 馬レコ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.