パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

令和元年 武蔵野S デイリー杯2歳S

投稿日:

武蔵野S

オッズ比で優秀なのはデュープロセス、ドリームキラリ、サンライズノヴァ、カフジテイクです。
エアアルマスも先週のルックトゥワイスやタイセイヴィジョンほどではないしろ、一番人気の馬としては優秀です。

というかルックトゥワイスとタイセイヴィジョンが異常に良かっただけです。
何か人気馬が順当に高い数値になっていて何でだろう?と思ったら、グルーウィットが過剰人気という評価になってました。

ダート経験はあるものの、いきなりのこのメンバーではどうか?という評価ですね。

◎14アディラート
〇11サンライズノヴァ
▲16カフジテイク
☆3ディープロセス
△5エアアルマス

本命はアディラートです。
この馬はシンプルに人気ないなーという評価です。

グリーンチャンネルカップは普通に強かったと思うんですけどね。
ポジション的にも外目から中段位置あたりに付けられそうです。

ある程度は末脚勝負になると思っているのである程度のポジションにいて末脚がある馬を選びたかったのでこの馬にしました。

対抗はサンライズノヴァにしました。
斤量面でかなり人気を下げているようです。

59kgを背負った馬は苦戦しているというのをいくつか見ましたが、そもそもサンプルが少ないです。
影響がないとは言いませんが、それでここまで人気がなくなるなら買いたくなります。

あとはおそらく上がり比べになると思うので、末脚があるこの馬なら十分に上位はあるかなという事で対抗です。

単穴にはカフジテイクです。
サンライズノヴァ同様末脚で評価しました。

斤量面でカフジテイクの方が上位に来る可能性が高いかなと思いましたが、福永さん大外ぶん回しじゃねーの?という事で若干サンライズノヴァの方が勝率は高そうという評価です。
という事で単穴です。

推奨馬にデュープロセスです。
前走の負けはよく分かりません

休み明けと言われればそれまでですが、実力通りと言われればその通りな気もします。
今回はおそらく2~4番手に付けると思いますし、これで負けたら本当にそういう実力だったという評価をすると思います。

ルメールさんがサクセッションではなくこちらに乗ってきているので、勝ちそうな気もしますがここまでにしました。

抑えにエアアルマスにしました。
ドリームキラリと迷いましたが、こちらを抑えにしました。

そもそもアディラートが連に絡んで、エアアルマスもデゥープロセスもドリームキラリを差し切っていないというシチュエーションはあまりない気もするのでエアアルマスを抑えにしました。

最強競馬ブログランキング

デイリー杯2歳S

こちらはトリプスエースの数値が目立ってます。

個人的にもこのレースは、ペールエール、サクセッション、トリプルエースの3強という構図じゃないの?と思っていたのであまり剝離はありません。

◎7トリプルエース
〇3ペールエール
▲2コルテジア
☆4サクセッション
△8ライティア

本命はトリプルエースです。
前走の小倉2歳Sは出負けして伸びにくい内から差してきての2着です。

和田騎手が勝ったマイネルグリッドではなく、こちらに乗っていた点からも能力的にはこちらを高く評価していた可能性は高いです。
勝ったマイネルグリッドが京王杯2歳でボロ負けしてるのでアレですが、他の小倉2歳S組はそこそこ良い成績を残しているので戦ったメンバーが弱いという事はないはずです。

人気がなさすぎと見て本命にしました。

対抗にはペールエールです。
トリプルエースの戦ってきた相手が弱いという事はないと言いましたが、戦ってきた相手が一番強かったのはこの馬だと思います。

今のところ、牝馬はウーマンズハートとリアアメリアの2トップという感じです。
その一角にあれだけの競馬をしているのであれば、ここではトップのはずです。

順当に人気しているので対抗にしましたが、大崩れは薄いと思います。

ちなみに牡馬のトップはアルジャンナだと思っていますが、来週の走り次第のところもあるので来週がわりと楽しみです。

単穴にコルテジアにしました。
アジャストザルートとどちらを取ろうか思いましたがこちらを取りました。

この馬が逃げた場合に逃げ切りは十分にあると見ました。
そもそもどの馬が逃げるかよく分からない状態で、騎手関係からペールエールが逃げる可能性があります。

ただ、そうならなかったらこの馬が逃げるかなと。
おそらく武蔵野Sのドリームキラリ以上にマイペース逃げになると思いますし、そうなればチャンスは大きいかと。

推奨馬にサクセッション。
この馬は前走逃げてますが、おそらく今回は逃げないと思います。

それどころかある程度、後方行く可能性が高いかなと思ってます。
もともと前走も押し出されたのと、相手が弱すぎたから前にいったという感じでした。

アスター賞のスタートも良くはないですし、外からインザムードあたりがくれば自然と後ろになる可能性が高いかなと思ってます。
能力面ではまだ底を見せていないと思うので、それでも勝てる可能性は十分にありますが、評価としてはここまでかなというところです。

抑えにライティア。
当初はこの馬を切って、アジャストザルートを入れる予定でしたが、この馬を抑えにしました。

新馬戦を見た限りではまだ遊び遊び走っている感じで、サクセッション同様底を見せていない感じです。
人気面では若干過剰人気な気もしますが、能力が一番高い可能性もあるので抑えに入れました。

レッドベルジュールは切ります。
新馬戦のメンバーはシルヴェリオがいるので豪華に見えますが、実際にはそこまで強くはない感じです。

パフォーマンスもこのメンバーの中で見るとちょっと物足らないので馬券内にきたらしょうがないと割り切ります。

最強競馬ブログランキング

スポンサードリンク

-競馬

Copyright© 馬レコ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.