パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

令和元年 朝日杯FS 予想

投稿日:

人気どころが順当に評価高いです。
サリオスのオッズ比が低いですが、この人気を考えれば十分でしょう。

レッドベルジュールも若干過剰人気というくらいであまり悪い数値ではありません。
オッズ比で優秀なのはビアンフェ、ラウダシオンあたりです。

◎サリオス
〇ビアンフェ
▲ラウダシオン
☆タガノビューティー
△タイセイビジョン

本命はサリオスにしました。
先週はリアアメリアを軽視しましたが、あれは他の人気馬とそこまで実力差がない可能性があると思っていた為です。

今回はサリオスと他の馬にはそれなりに差があるとみました。
サリオス自身、スタートはそこまで悪くなく、このメンバーなら好位置に付けられると思います。

まぁ正直あまり隙はないなと。
ラウダシオンかタガノビューティ―あたりが怪物で負ける可能性はあっても他の馬には不利とかがない限りは大丈夫かなと思います。

という事でサリオスが本命です。

対抗にはビアンフェにしました。
サリオスに勝つ可能性があるのはラウダシオンかタガノビューティ―かなという評価をしましたが、連に絡むならこっちかなという事でビアンフェを対抗です。

おそらく単騎逃げが見込め、レース展開は向くと思ってます。
距離は京王杯2歳Sや函館2歳Sを見る限りではギリギリ大丈夫かなと。

イメージ的には2017年の函館2歳Sのカシアスと似たような感じです。
あの馬もシンザン記念で3着に滑り込んだように1600Mはギリギリ大丈夫と言った感じでした。

タイセイビジョンは大外ぶん回しになると思うので逆転は可能と見てこの馬が対抗です。

単穴にラウダシオン。
まだ底を見せてない馬です。

小倉2歳Sは出負けと大外ぶん回しで3着でした。
ルメール騎手はこの馬がもみじSに勝った時点で朝日杯FSはこの馬でいくことが決まっていたようです。

後々にタイセイビジョンが京王杯2歳Sで控えていながら決定を下したというのはそれなりに能力は買っているのかなと思います。
この枠順なら7~8番手あたりに付けそうな気もするので外を回る以外の不利は無さそうなのでまぁ普通に抑えていいかなと。

推奨馬にタガノビューティ―にしました。
ダートで勝ち上がってきた馬です。

ラウダシオン同様、底を見せてないのです。
サリオスを力でねじ伏せる可能性があるならラウダシオンとこの馬かなと。

戦ってきた相手が強いかと言われれば強くはないですが上りは強烈ですし、このオッズなら買っていいかなと思います。

抑えにタイセイビジョン。
正直切ろうかなと思いましたが一応抑えます。

今回は武豊騎手がマイナスに働くかなと思ってます。
おそらく距離に不安は持っていると思うでしょうし、後ろからの競馬をすると思います。

その上でコースロスなく回ってくるというイメージが湧きません。
サリオスより前に付けるなら勝つ可能性はあると思いますが、馬券外の可能性も高まる乗り方だと思います。

ので、多分下げて無難に回ってくるかなと。
いいとこ3着くらいじゃないかと思ってますが、一応抑えます。

レッドベルジュールは切りました。
というよりデイリー杯組は基本的に軽視します。

阪神JFで4着に負けたウーマンズハートに力負けしたペールエール、かなりロスの競馬をしたラウダシオンに0.1差まで詰め寄られたトリプスエース。
戦ってきた相手がそこまで強くない新馬戦、未勝利戦ときたウイングレイテスト。

このメンバーで見るとデイリー杯のレースレベル的にそこまで高くないと思うのでこの馬の評価も下げます。

最強競馬ブログランキング

スポンサードリンク

-競馬

Copyright© 馬レコ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.