パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

令和元年 天皇賞秋 予想

投稿日:

昨日のレースはちょっと予想できませんでした。
今週は天皇賞だけになります。

2強は両方とも過剰人気という評価ですが、もともとかなりの人気がある2頭なのでそこまで気になる数字でもありません。
ただ、それ以上に中堅どころの人気が薄いという評価です。

主にスワーヴリチャード、アエロリット、ワグネリアンあたりです。
個人的にもアーモンドアイは別格でもこの3頭はサートゥルナーリアにここまでオッズ差を付けられるか?というところですね。

◎スワーヴリチャード
〇アーモンドアイ
▲ワグネリアン
☆アエロリット
△サートゥルナーリア

本命はスワーヴリチャードにしました。
宝塚記念に続いての本命です。

正直なところ昨年のジャパンカップや今年の宝塚記念を見るとパフォーマンス的には足りないかなと思いましたが、昨年のジャパンカップはアーモンドアイが53kg。
尚且つスワーヴリチャードも掛かっていた面がありましたし、今年の宝塚記念はコーナーでキセキを捉えられなかった面が大きかったかなと。

大阪杯では捲り切りましたが、中山記念ではかなり負けているように基本的にはコーナーでは広いコースの方が詰めやすい馬だと思いますし、上積み点はあるかなと思います。
能力的に頭打ちみたいなところでこの人気になっている感じですが、ここまでオッズに差があるほど差があるかなというとそんな気はしません。

という事で本命です。

対抗にはアーモンドアイです。
ぶっちゃけ安田記念が化け物です。

まぁジャパンカップも大概でしたが、正直安田記念の方がインパクトありました。
おそらくこの枠の並びなら2列目か3列目あたりに付けられるはずで、枠の不利もそんなにはないと思います。

外から無理やり何頭か前にこようものならそれはそれでペースがかなり上がるはずなので、前が残るのは辛くなるかなと。
あとは内に詰まるリスクですが、ルメール騎手はスプリンターズSのタワーオブロンドンとかであっさりクリアされたのでそういうリスクは諦める事にしました。

という事で対抗です。

単穴にワグネリアンです。
この馬は外枠で嫌われる感じですね。

とはいえ、おそらくこの枠なら福永騎手は前目につけようとするはずです。
実際に取れるかどうかはともかく意識としてはその意識かなと。

ウインブライトとアルアインが外にいますが、松岡騎手がそこまで前にいく意識を持ってるとも思えないですし、アルアインの北村騎手もこの枠と並びで無理やり前にいこうとするかというと疑問です。
のでポジション的にはそこまで苦労しないと見ました。

ただ、外の2頭が万が一無理に取ろうとすれば、わりとひどい事になるかなと思ってます。
サートゥルナーリアあたりくらいまでは影響受けそうな不利がスタートで発生する可能性はあるので単穴評価にしました。

推奨馬にアエロリットです。
外の2頭が無理やり前に来なければ、この馬が残れるペースになると思います。

もともとアエロリットが引っ張るのでそこまで落ち着いた流れになるとは思いませんが、外の2頭が来るとそれ以上になる可能性もあったのでこの評価です。
雨が降っていれば、戸崎騎手がもっとペースを落とすと思ったのでブッタ切ったと思いますが、この天気なら抑えます。

抑えにサートゥルナーリアにしました。

ポジショニングでいえば、アエロリット、ダノンプレミアム、サートゥルナーリアがポジション的には有利な3頭だと思ってます。
ただ、ダノンとサートゥルはアエロリットの作るペースがどうかというところで評価を下げました。

ユーキャンスマイルと悩みましたが、ポジショニングが後ろ過ぎる可能性があったので、サートゥナーリアにします。

最強競馬ブログランキング

スポンサードリンク

-競馬

Copyright© 馬レコ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.