パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

令和元年 セントウルS 京王杯AH 紫苑S 予想

投稿日:

明日はおそらく更新できない為、先に全部の予想を上げます。
また、セントウルSと京王杯AHは実際のオッズが出ていないのでオッズ比も出しません。

セントウルS

◎マテラスカイ
〇アンヴァル
▲タワーオブロンドン
☆ペイシャフェリシタ
△ダイメイプリンセス

BCのステップレースとして選んだと思われるマテラスカイを本命にします。
netkeibaでは想定6番人気の11倍になっていますが、実際は7倍付近になるんじゃないでしょうか。

だとしてもメンバー的にはそう強くはないので通用してしまう可能性は十分にあるはずです。
芝はプロキオンSを見ている限り問題なさそうです。

少なくとも単系で狙うならこの馬が本命で問題ないと思います。

対抗にはアンヴァルです。
前走は出遅れ、詰まりで力を発揮できていません。

おそらくこの馬の方がマテラスカイより人気がないと思うのですが、こういう前走不利があった馬は最近普通に人気するので分かりません。
そのへんもあって対抗にしました。

3番手にタワーオブロンドンです。
能力的にはこの馬がトップでいいはずです。

G1馬もいますが、多分こっちの方が強いと思います。
2走前は取りこぼして、前走は斤量と馬場の悪い内を通った関係です。

netkeibaの予想オッズ通りに2.6倍ならちょっと買い辛いですが、3倍以上つくならおいしいかもしれません。

ペイシャフェリスタは内枠を引きました。
前走は完全に力負けなのでタワーオブロンドンより上に来れるか?というと微妙ですが、紛れてくるかもしれません。

抑えにダイメイプリンセスです。
前走は普通に能力を評価していいはずですが、アンヴァルより人気になるならあまり買いたくないですし、抑え評価が妥当としました。

ミスターメロディは切ります。
前走は内が有利で止まらない状態での勝利でした。

展開面はそこそこ向くとは思いますが、アンヴァルの方が向くと思います。
アンヴァルが前走と同じように出遅れてこの馬が一番向く可能性もありますが、3倍くらいのオッズならあまり買いたくありません。

最強競馬ブログランキング

京王杯AH

◎ロードクエスト
〇スートミーシー
▲トロワゼトワル
☆フローレスマジック
△グルーウィット

前に行く馬が見当たらない状態です。
脚質的にはクリノガウディーあたりがありそうですが、戸崎騎手なので逃げる気がしません

ハーレムラインが一番ありえそうですが、トロワゼトワルの横山騎手とフローレスマジックがありえるくらいには頭をおいておこうと思います。

ロードクエストの昨年は内詰まりでした。
前走も後ろ過ぎたのが敗因です。

問題は位置取りだけですが、このメンバー構成ならそこまで悪い位置にもならないと思います。
オッズ的にもあまり人気にならず、10倍前後かなと思います。

それくらいなら素直に狙って見たいです。

こういうレースはひょんに逃げる馬を狙っていきたいですが、ハーレムラインは外から主張すると大して奇策逃げの利点を活かせ無さそう、クリノガウディーはそもそも逃げなさそう。
という事でトロワゼトワルとフローレスマジックを逃げ馬候補としてピックアップしました。

どちらも逃げてどうか?という面はあるものの逃げたら恩恵を取れると思うのでこの評価にしました。

最強競馬ブログランキング

紫苑S

人気馬が順当にオッズ比が高く、穴馬ではエアジーンが辛うじて評価が高いという内容です。
カレンブーケドールのオークスは普通に強かったのでここでも人気を集めて当然という評価です。

◎カレンブーケドール
〇エアジーン
▲パッシングスルー
☆レッドベルディエス
△グラディーヴァ

切れ味自慢の差し馬がいたらその馬にしようかと思いましたが、大した馬がいませんでした。
レッドベルディエスやエアジーンが候補が、オークスのカレンブーケドールのポテンシャルに比べるとやっぱり純粋に力が足りない気がします。

クラス落ちがなくなってので例年より条件戦のレベルは低いようにも見えます。
条件戦上がりが多く、しかも1勝クラスばかりなら評価は下げたいです。

パッシングスルー以外は春の時点で条件戦をクリアしている馬を選びました。
パッシングスルーは1勝クラスでも完勝でしたし、フローラSでそこそこの走りをしている分評価しました。

最強競馬ブログランキング

スポンサードリンク

-競馬

Copyright© 馬レコ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.