パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

シルクロードS  週中の戯言

投稿日:

シルクロードS

今回のハンデは信用ならない?

愛知杯の週中の戯言の時にはトップハンデを素直に狙うようなことを書いた。
ただし、条件として「まともに走れるなら」という条件があった。

今回のトップハンデはセイウンコウセイ。
ここ数戦はどちらかというと自滅で着順を落としているので能力自体は衰えてない可能性は高い。
とはいえ、愛知杯のマキシマムドパリ程「まともに走れる」保証は正直ない。
今回も前に行く馬はそこそこいるのでぶっちゃけまた自滅の可能性は十分にありそう。

他に重い馬に向けてみると、

57.5kg ニシケンモノノフ
55kg ダイアナヘイロー(牝)
57kg ファインニードル
57kg ラインミーティア
57kg ロードクエスト

このメンバーとセイウンコウセイだけ見るとなら斤量は正直妥当には思える。

でもここに、

53kg アットザシーサイド(牝)
54kg ナックビーナス(牝)
56kg キングハート
56kg セカンドテーブル
56kg ミッキ-ラブソング

あたりを入れると正直とたんに上の馬の斤量が重く感じる。

アットザシーサイドは桜花賞3着馬。ダイアナヘイローと比べてもそこまで見劣るようには思えない。
中山限定とは言われているものの、ナックビーナスもダイアナヘイローと同等かむしろナックビーナスの方が強い
キングハートは北九州記念では長距離輸送の問題があったし、前走は-12kg。さらに北九州記念ではファインニードルがスムーズだったとしてもキングハートを負かせたかどうかは微妙と思ってる。
セカンドテーブルはこのメンバーなら正直セイウンコウセイに続いて2番目に強いのはこの馬じゃねーの?CBC賞とか去年のシルクロードSは普通に強いと思うんだが。
ミッキーラブソングはようやく復調。2年前の阪急杯のメンバーを考えれば、ここでもわりと上位だと思うんだけどね。

といった感じになる。
実績だけ見れば、重斤量の馬は分からなくもないけど、やっぱり少しハンデ上位馬には不安を感じる。
ダイアナヘイローくらいはまだまともに評価しても良いとは思うけど。
ロードクエストとニシケンモノノフは一発あるなら…という評価からはでない。

前回はハンデキャッパーは優秀だと言っておきながら今回はこの言いよう。
でも今回はハンデ上位馬はあまり信用できない、が正直なところかな。

今のところはキングハートが一番の本命候補だけど、まぁこのへんはもうちょい考えていく感じかな。

スポンサードリンク

-競馬
-

Copyright© 馬レコ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.