--スポンサードリンク--
----
競馬

2017年 マイラーズC フローラS 予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こうやって回収率が100%を超えた!競馬で回収率を上げる買い方

マイラーズC

フローラS

福島牝馬Sは前が有利と読んで置きながら後方勢で決まりました。
全く逆の展開で逆に清々しいくらいです。


では予想に入ります。
まずはマイラーズC。

京都の馬場状態は開幕週ながらわりと差しが決まるといった感じでしたね。
流石にかなり後ろの方からだと厳しそうですが、そこまで前有利といった感じではありませんでした。

また、展開も読み辛くおそらくはスローになるだろうけど、何が行くのか分かり辛いという感じです。

本命はブラックスピネルにしました。
こういう馬場状態なら馬場と展開の状況判断が優れている騎手の馬でいきたいです。
前走の東京新聞杯の時もそうでしたが、ブラックスピネルはスローと見るや押し出されるように前にいきました。
状況判断が優れているデムーロ騎手だからこその判断ですね。
今回のレースもそういった状況判断が求められるレースになりそうで臨機応変に対応できそうなこの馬から入りたいです。

対抗にはフィエロにしました。
最初はこの馬場状態ならこの馬にもそこそこチャンスが向くかなと思い本命も考えました。
前走1200Mを走ってるだけに流れに乗り過ぎて、逃げてしまうという事も考えなくはないです。
福永騎手は昨年のセントウルSのビッグアーサーでやってますしね。
ただ、そうならないで普段の位置となると切れ味ではプロディガルサン、一瞬の反応の良さはエアスピネルに勝るとは思いませんし、後方に控える形となるとヤングマンパワー、ブラックスピネル、イスラボニータあたりよりは後ろになるよな、と。
エアスピネル、イスラボニータと人気を分け合ってるブラックスピネルが本命なので人気面から対抗評価にしましたが、素直に考えると少し見劣りはしますね。

単穴にプロディガルサン。
スローの末脚勝負ならこの馬にも分があるかなといったところ。
東京新聞杯ではエアスピネルを差し切りましたし、マイルでの能力はやはり高いなと思います。
ただ、今回は川田騎手に乗り替わりです。その分を差し引いての単穴。

推奨馬はイスラボニータ。
実績を考えればこの馬が最上位ですね。
ただ、今年の4歳勢はやはり強いと思うのでここでどうなるかといったところです。
調教も良いようなのであっさり上位に来てもおかしくないと思いますが、意外と力負けもありそうだなと。

抑えにエアスピネルにしました。
実績の最上位がイスラボニータなら能力の最上位はこの馬ですね。
前走の東京新聞杯の負けは完全な展開負けなので気にする必要はないかと思います。
まぁ流石に抑えておく必要はあるかなと。

色々理屈を並べたりはしましたが結局のところ、紐馬は選んだ中から人気のない順に選んでるだけです。
穴にヤングマンパワーやダッシングブレイズを入れる事も考えましたが、そこまで狙う価値があるか?と言われると正直微妙です。
なので素直に人気上位の5頭を組み合わせて、少しでも配当の高い馬券を厚めにいこうかなといった感じでいきます。

買い方は◎の単勝、◎→印の馬連。


続いてフローラSです。
こちらの馬場状態はやや前が有利といった感じですが、土曜の午後から雨が降り始めているので正直どうなるかはわかりません。
やや渋った馬場になるという想定でいきます。

本命はフローレスマジックにしました。
ぶっちゃけこの馬が1番人気になると思っていたんですが、なぜか2番人気です。
理由を見てみるとどうやら厩舎コメントが微妙なようですね。もちろんホウオウパフュームの評判が高いという事もあるんでしょうが、それだけではこうはならないと思うのでおそらくこのあたりが原因でしょう。
ただ、渋った馬場はこの馬にとって有利になるはずで姉のラキシスもディープ産駒ながら不良馬場の大阪杯を勝っている馬です。この馬自身も未勝利戦で渋った馬場で勝ってきており、雨が降っているようなら猶更この馬でいいかなと思います。

対抗にはタガノアスワド。
基本的にはこの馬の単騎逃げになりそうで展開利は結構見込めるかなと思います。
内の方が伸びなくなるとまた考えなければなりませんが、まぁとりあえずはこの評価でいいかなと。

単穴にレッドミラベルにしました。
前走は未勝利戦ながらなかなかに強い内容でした。
ステイゴールド産駒というのも雨はプラスになるはずなので単穴評価。

推奨馬にはレッドコルディスにしました。
前走の500万条件では負けていますが、これはスロペースで届かなかったもの。
少なくともヤマカツグレースよりは評価しても良いと思いますし、雨の影響で外が有利になるならこのあたりを抑えておきたいかなと思います。

抑えにホウオウパフュームにしました。
まぁ素直に見れば強いですね。
田辺騎手がプロディガルサンよりこの馬を優先したというのもおそらく見込みが大きいからでしょうし。
まぁただフローレスマジックを本命にしている以上、やはり評価は低めしておきたいので抑えまでです。

買い方は◎の単勝、◎→印への馬連。


4月23日追記

レースの回覧です。
といっても今回のレースに関して二つともあまり収穫ないなというのが感想です。

まずはマイラーズCから。
1着のイスラボニータは内から指す形で勝ち切ります。外枠の発走ながら内にうまくいれ、内から差してくる形になりました。
勝ち切れなかった時が続きましたがここでようやく勝利です。

エアスピネルはイスラボニータと逆で外から王道の競馬で勝ちにいこうとしますが、最後はイスラボニータに差し切られます。
少なくともマイルでも能力が飛び抜けてる訳ではないかなといった感じですね。

本命のブラックスピネルは4着。
今回は前にいかず後ろからの位置取り。エアスピネルをマークする形になります。
直線ではエアスピネルに瞬発力で置いていかれて4着が精一杯といった感じです。力は見劣らないと思うのですが、これで次回人気が下がるかというと微妙なラインです。

フィエロは道中前にいき直線で詰まります。
おそらく多くの人が文句を言いたくなるような感じだろうな、と。
詰まり方がイスラボニータにわざわざ進路開けるような詰まり方です。このへんは騎手の事情がありそうですが、何とも言えません。
これで安田記念で人気が下がるかというと定位置の5~6番人気に収まると思うのであまり変わらないはずです。

プロディガルサンは後方で全く競馬になりませんでした。
スタートで出負けし、道中もかかっています。
今回は参考外で良さそうです。

続いてフローラS。

1着のモズカッチャンは道中7~8番手で内を回る競馬をします。
直線では馬群を和田騎手が上手く捌き、ヤマカツグレースとフローレスマジックを差し切りました。
馬場が味方した面もあると思いますが、しぶとく伸びてきたのは評価したいところです。

2着のヤマカツグレースは横山騎手が上手く乗りました。
タガノアスワドをマークする形で直線で粘り込みをしました。
このあたりは流石横山騎手です。

3着にフローレスマジック。
スタートはかなり意識して前にいったという感じです。
直線を向いた時には楽に勝つかなと思いましたが思った以上に伸びませんでした。
これが陣営が弱気になっていた理由なのか、それとも単純に距離で伸びなかったのか、スタートで脚を使ったから伸びなかったのかはわかりません。
ただ、オークスでは印を回すかもしれないくらいで考えていいのかなと思います。

今週のレースで唯一収穫があったのが5着のレッドコルディスですね。
後方集団の中にいた中では最先着の5着。今回もペースと馬場に泣かされる形になりましたが、まぁやはり能力は高いかなと。
ただ次回は500万条件なのでおそらく人気になりそうなんですよね。
そこらへんは残念です。

馬券は今週もハズレ。
桜花賞から全く当たってませんねw推奨馬と合わせて9連敗です。10回外れても大丈夫といってましたが早くもリーチになりました。
まぁ当たった後にこういうのが来るのは精神的に楽なのでまだいいんですけどね。

どうでもいいですが、先週のダンビュライト、今週のエアスピネル、フローレスマジックはそろそろ馬なり1ハロンシアターのよしだみほに餌食されそうです。
エアスピネルはすでに餌食にされかけてましたがw


4月23日推奨馬は東京10Rシュテルングランツでした。

競馬 ブログランキングへ

2017年回収率はこちら

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

↑気が向いたらポチっとおしてください。。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*