--スポンサードリンク--
----
競馬

2017年 大阪杯  予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こうやって回収率が100%を超えた!競馬で回収率を上げる買い方

大阪杯

ロイカバードは道中掛かって全く伸びませんでしたねー。
まぁしょうがないかなーと言った感じです。ロジチャリスは取り捨てに悩みましたが、結局切ってしまった馬でしたね。
そもそも本命が間違っているので拾えても当たっていない訳ですが。


では予想に入ります。
新設G1の大阪杯ですね。このレースに関しては非常に迷いました。
というのもペースはある程度速くなるとは思うのですが、馬場状態は意外と内が残るといった感じなんですよね。
どの馬にも一発はありそうで紐馬の選び方も迷いましたねー。

そんな中で本命はマルターズアポジーにしました。
この馬は小倉記念でハイペースで走り、逃げ切り勝ちを収めています。
今回のレースでもおそらくそこそこのペースで逃げるはずです。
問題はこのメンバーで2000Mを逃げ切れるかどうかという部分ですが、上位陣がどうにも盤石に見えないので20回あれば1回くらいは一着があってもおかしくないなぁという事でこの馬を本命にしました。

対抗にはサトノクラウン。
マルターズアポジーが作るペースで一番向く展開になりそうなのがこの馬ですね。
おそらく京都記念のようにある程度好位につけて、キタサンブラックをマークする形になると思います。
キタサンブラック、マルターズアポジーの両方を射程内に入れて、競馬できるのはこの馬かなと思います。
ただ、このオッズで本命にするほど狙えるかというとそうではないので対抗にしました。

単穴にミッキーロケット。
後に語るマカヒキとの差し引きになりますが、この馬は神戸新聞杯ではサトノダイヤモンドも差のない競馬をしています。
もちろんサトノダイヤモンドは万全ではなかったですし、内容も着差以上の内容だったのでサトノダイヤモンドと同等の力があるとは言いません。
ただ、マカヒキと比べるとマカヒキには十分太刀打ちできてもおかしくないなぁと思うので、このオッズなら3番手評価にしたいです。
京都記念では出遅れてますし、出遅れなければマカヒキに先着しててもおかしくなかったですしね。

推奨馬にはヤマカツエース。
ここは金鯱賞、有馬記念あたりは素直に強かったなと。
実はこの馬はもっと人気になると思っていて、少なくとも一桁台のオッズになると思ってたんですよね。
なら狙っても良いかなと思います。

抑えにはアンビシャスにしました。
中山記念はスローペースで完全に後手を踏んでいます。
中山記念のメンバーではこの馬が一番能力があると思っていましたし、この馬を抑えます。

キタサンブラックは切りました。
まずはどう考えてもここはメイチではないなぁと思います。能力の高さは評価していますが、前哨戦を使ってここを狙ってきた馬と比べると買いたくはないなぁというのが正直なところ。
また、マルターズアポジーを本命にしてるので、この馬とキタサンブラックが同時に絡む展開がそう思いつかないなというのもあります。

イメージとしては昨年の春の天皇賞であったカレンミロティックですが、そこに至るとなると直線でマルターズアポジーに並びかけてるのでマルターズアポジーがつぶれるんじゃないかと。
マルターズアポジーが直線で粘ったとしてもキタサンブラックが競り勝つでしょうし、その時は外から強襲できそうな馬が何頭かいますし、やっぱりキタサンブラックと絡むのは難しいかなぁと思います。

マカヒキはサトノダイヤモンドと比較した時にミッキーロケットと比べるとあまり力は変わらないんじゃないかというのがありますね。
マカヒキがダービーで勝っていますが、その時はサトノダイヤモンドは落鉄していたようですし。
万全ではない状態サトノダイヤモンドとの着差は神戸新聞杯のミッキーロケットもダービーのマカヒキもそこまで変わりません。
京都記念でも出遅れたミッキーロケットと差があまりなかったので、もしかしたらあまり差がないのかなという不安があるので切りました。

ステファノスは印が回りませんでした。
人気的は十分に狙い所だと思います。正直マルターズアポジーと似たようなオッズになるとは思わなかったですしね。

個人的にはこのレースは人気馬同士であっさり決着がついてもおかしくはないと思いますが、荒れる要素は十分にあるかなと思います。

買い方は◎の単勝、◎→印の馬連。


4月2日追記

大阪杯の回覧です。

大阪杯はキタサンブラックが好位から抜け出し、まさに横綱相撲という内容でした。
このメンバーの中では頭一つ抜けてますね。今年もある程度はキタサンブラック中心に回りそうです。

2着のステファノスはキタサンブラックをマークする形でレースを進めました。
ここは川田騎手の好騎乗です。
ただ、キタサンブラックを抜かすまではできなかったですね。
あの競馬でキタサンブラックを逆転できないようならキタサンブラックとの差は大きいなと思います。

3着のヤマカツエースは中段やや後方につけました。
外枠からなのでスムーズに取れる位置取りをとったという感じですね。
コーナーもスムーズに回ってきており力は出したかなと思います。
欲を言えば、もう一段前で競馬がしたかったかもしれませんがそこは枠順の差ですね。

4着のマカヒキはまぁこんなもんかなというのが正直な感想ですね。
3歳のダービー時には上位5頭に迫る馬はなかなかいないんじゃないかと思いましたが、サトノダイヤモンド以外はちょっと微妙になってきてますねぇ。

5着のアンビシャスは乗り代わりの福永騎手が末脚に賭けたという感じでした。
後ろから届くか微妙な馬場ではあったのでこの結果は致し方なしとは思います。
マカヒキと同レースに出た時にはマカヒキより人気がないようならこの馬を上位に取っていいかなと思います。

6着のサトノクラウンはゲートで立ち上がり、少し出負けしましたね。
それ以外はほぼ理想的なレースでだいたいイメージ通りでした。
それでも6着に負けたのは切れる脚がないからかなと思います。レースを見てても手ごたえがなくなって伸びてないという印象はなく、単純に最後の直線での脚の速さの違いかなといった感じでした。
条件付きにはなりそうですが、これで人気を落とすようなら次回は狙ってもいいかもしれません。

7着のミッキーロケットは位置取りの差かなと思います。
日経新春杯のように好位につければ結果は変わったかもしれません。
外から被されるとどうしても後方の位置取りになるようなのでそこそこ中目の枠で、外枠の前に行きたい馬がいないといいかもしれないですね。
着順程評価は落とさなくもいいかなと思います。

本命のマルターズアポジーは12着でした。
負けるならこういうパターンだよねと思っていたのでしょうがないです。キタサンブラックに並びかけれた時点で諦めました。

レースはマルターズアポジーが引っ張ってはいるもののキタサンブラックのペースといった感じでした。
内容も完勝と言ってよい内容だったのでキタサンブラックの強さを再認識させられるレースだったと思います。

春の天皇賞はサトノダイヤモンドとの一騎打ちになりそうですね。

4月2日推奨馬は阪神10Rアスタースウィングでした

競馬 ブログランキングへ


2017年回収率はこちら

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

↑気が向いたらポチっとおしてください。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*