競馬

2017年 金鯱賞 予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こうやって回収率が100%を超えた!競馬で回収率を上げる買い方

金鯱賞

WBCは1次ラウンドで日本が一位通過しましたねー。
なんやかんや言われてましたが、結局一位通過でした。

ただ、今年はわりと意外な事が多く、韓国が一次ラウンド敗退。メンバーが揃ってないような事は聞いてましたが、一次ラウンド敗退するまでとはって感じです。
というよりイスラエルが1位通過なのがビックリです。このへんは詳しく知らないですが、イスラエルって今年強いんですかね。まぁオランダにも勝つくらいなので強いんでしょうけど。


では予想に入ります。

大阪杯がG1に昇格して前哨戦となった金鯱賞ですが、かなりのメンバーが揃ってますね。
昨年までの大阪杯のイメージに近いです。まぁローカル路線にいく馬も何頭かいる感じで、大阪杯よりは多種多様な馬がいるって感じもしますけどね。

まず馬場状態は開幕週ですから何とも言えないですね。年末の金鯱賞は高速馬場で前にいた馬が基本的には有利って感じでしたけど、今回はどうでしょうか。
このへんは当日のレースを見てみないと何とも言えないです。とはいえ、1回東京開催や2回中山開催は普通に前有利になってましたし、今回もその想定でいきます。

本命はロードヴァンドールにしました。
逃げ馬らしい逃げ馬が見当たらず、この馬がハナを切る事になりそうです。
有力馬が後方なので展開的にも向きそうで前が止まらない馬場ならこの馬の一発があってもおかしくないですね。

対抗にはヤマカツエース。
有馬記念ではかなりの実力がある事を見せてくれました。位置取りが違えば3位争い食い込んだかというと疑問はあるところですが、それでも素直に評価してもいいかなと思います。
このメンバーでも十分やれると見ていいはずです。
一番人気ですが、思ったほど人気が集まってないのでこの評価でもいいかなと思います。

単穴にはステファノス。
ヤマカツエースはかなり成長したという見込みを込めて一番力があると判断しましたが、確実に上位といえるのはこの馬ですね。
とはいえ、展開面で向くのか?という面もあるのでこの評価です。

推奨馬にはサトノノブレスです。
金鯱賞では本命にしていた馬。
今回も本命にしてもいいかなと思ったんですが、秋山騎手で初乗りというのは流石にどうなんだろうという事でこの評価です。
実力はオールカマーや金鯱賞で分かってますし、このメンバーでも着に入る事は十分にありそうです。人気的にも狙い所だと思うのですがそういう不安からこの評価にしました。

抑えにプロディガルサン。
この馬のベストパフォーマンスは1600Mなんじゃないかと思うのですが、兄のリアルスティールも天皇賞で2着に入ってますし、まぁここできてもおかしくはないかんと思います。
ただ、人気程の信頼度はないかなと思うのでこの評価です。

ルージュバックは切ります。
プロディガルサンより人気の信頼度がないと思います。2000Mよりは1800Mの方が良さそうですし、展開も向きそうにないですから積極的に買いたい馬ではないですね。

買い方は◎の単勝、◎→印の馬連。


3月11日推奨馬は中京9Rダノンブライトでした

競馬 ブログランキングへ


2017年回収率はこちら

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

↑気が向いたらポチっとおしてください。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*