競馬

2017年 中山記念 阪急杯 予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こうやって回収率が100%を超えた!競馬で回収率を上げる買い方

中山記念

阪急杯

アーリントンCではペルシアンナイトが強かったですねー。
この強さを見ると前走の負けは馬場のせいですかね。評価は改めないといけなさそうです。


では予想に入ります。

まずは中山記念から。
馬場状態を見ると開幕週らしい馬場にみえました。伸びの差は内外はないものの開幕週なので基本的には前にいた方が有利。
ただ、決定的な差となるほどではないって感じですね。

本命はロゴタイプにしました。

前走の香港カップでは出遅れて、強引に前まで押し上げます。その中で差のない5着になっているのは評価するべきだと思います。
また、天皇賞でもリアルスティールとアンビシャスとはそこまで大きな差が開いてる訳ではありません。
天皇賞は馬場バイアスを考えるとアンビシャスの方を高く評価したいですが、オッズと脚質を考えてこの馬を本命にしました。

対抗にはリアルスティール。
このレースは基本的に好位置につけられる馬が有利と見ます。
その点、リアルスティールは比較的前目でレースをするはずです。
ただし、ワンターンの競馬の方が良いというのは福永騎手も言っていましたし、ここはその分を差し引いて対抗。

単穴にはヴィブロスにしました。
この馬は500万条件から成長が著しいです。もしかしたらかなり強くなっている可能性も高いので単穴評価にします。

推奨馬にはアンビシャス。
素直に見ればこの馬が一番強いのかなとは思います。
ただ、今回はどんなに好位置をつけても4~5番手だと思います。
その形ならおそらくリアルスティールをマークする形になると思いますが、その場合リアルスティールを捉えられるかどうかも怪しいのでこの評価にします。

抑えにはマイネルミラノにしました。
逃げるのはこの馬になると思うので抑えておく必要はあるかな、程度ですね。
ロゴタイプやリアルスティールの目標にもなりそうなのでこの評価にしました。

買い方は◎の単勝、◎→印への馬連。


続いて阪急杯。

こちらはロサギガンティアを本命にしました。
ロサギガンティアは前走の阪神Cでは直線で少し窮屈になり、最後は脚を余したところも見受けられます。
今回はこれと言った逃げ馬も見当たらず、そこそこ前目の競馬をするはずです。
大きな不利を受けるとも思えないのでこの馬を本命にします。

対抗にはトーキングドラムにしました。
ここはシンプルに逃げる馬が見当たら無さそうという理由です。
この馬のスタートの出は良く、今回は逃げる可能性がそこそこ高そうです。
頭まではどうかと思いますが、逃げ粘る可能性は高そうです。

単穴にムーンクレストにしました。
スワンS5着の実績があるように重賞では戦える実力はありそうです。
前走の負けが大きいのか人気をかなり落としています。
展開次第では前目につける事も考えらえれるので単穴にしました。

推奨馬にシュウジです。
阪神Cではシュウジは圧倒的な力を見せています。しかし、あのレースはうまく差し脚を溜めて、外有利の馬場バイアスがうまく嵌った面もあります。
今回はシュウジの動向次第でペースが変わりそうで、シュウジが前にいけばそこそこペースは速くなる。
逆に抑えれば、前有利で届かない可能性がある、という事で1倍台のオッズ程の信頼度はないように思えます。
能力が高い可能性は高いと思うのでここは力の差を見せる可能性はあるかもしれませんが、ここは評価を落としても問題ないように思えます。

抑えにはメドウラークにしました。
人気のシュウジを抑えではなく、この馬を抑えにしたのは他に買いたい馬がいなかったからです。
ブラヴィッシモでも良かったですが、この近走でこの人気は流石に買い辛いので見送ります。


2月26日推奨馬は中山7R 8枠15番 ヴォルタでした。

競馬 ブログランキングへ


2017年回収率はこちら

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

↑気が向いたらポチっとおしてください。。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*