Menu
Categories
2018年 きさらぎ賞 東京新聞杯 予想 【両レースともに馬場状態が鍵を握りそう】
2018年2月4日 競馬

きさらぎ賞

馬場状態は若干外差し傾向にはなっていますが、最内までいくとそこまで荒れてないといった感じです。
前に行く馬と後ろから外差しでくる両極端の馬が有利と見ます。

◎カツジ
〇ダノンマジェスティ
▲サトノフェイバー
☆グローリーヴェイズ
△スラッシュメタル
×ラセット
×オーデットエール

本命はカツジにしました。
前走はジャンダルムにターゲットにされて出し抜かれただけなので2着とは言っても内容的にはそこまで負けていないです。
そのジャンダルムもホープフルSで2着に来ているように3歳勢の中では少なくともG1に出走するだけのレベルではあると思います。
スタートは良くないものの2の脚が速いので番手先行ができるタイプですし、複勝圏内という意味では上位人気馬の中では一番かなという事で本命です。

対抗はダノンマジェスティです。
あまり人気馬で上位に印を固めたくはないですが、新馬戦は圧巻でした。
今回は乗り変わりですが、新馬戦同様外を回してくるはずです。
多少まともに走らなかったとしても1.1倍の複オッズでも狙えるくらいには能力の違いはあるかなと思うのでここは対抗にします。

単穴にサトノフェイバーにしました。
前残りを期待します。
前走は着差以上に余裕がある勝ちに見えました。
スローペースでしたが上がりも優秀で11.8-11.5-.11.6と11秒台3つで締めています。
オッズ的には狙えそうかなと最初思ったので本命も考えましたが、複オッズ2倍台で狙えるかとなるとカツジとダノンマジェスティがそこまで大崩れしなさそうですし、グローリーウェイズも2回に1回も馬券圏内を外すのは難しそうかなという事で複2倍でも少し心もとないかなという事で単穴評価にしました。

推奨馬はグローリーヴェイズです。
前走は出遅れただけで負けてはいるもののそこまで気にする必要はないはずです。
ただ、遠征が少し気がかりです。
適性を求めてここに来たようですが、適性を求めないと厳しい馬なのかなと思うところもあるのでこの評価にしました。

抑えにスラッシュメタルです。
前~中段好位の馬はサトノフェイバー、グローリーウェイズを抑えればいいかなと思うので後ろから行く馬でダノンマジェスティの抑えとしました。
京成杯の時にも印を打ちましたが、新馬戦の内容は優秀です。
京成杯は直線で追い出しがスムーズにいきませんでした。
それでももう少し上位争いしてほしかったというのはあるので能力は少し足りない気もしますが、今回は馬群の捌きに苦労する事はない可能性があるので走るならここかなと。

入着アリにオーデットエールとラセット。

最強競馬ブログランキング

–スポンサードリンク–

東京新聞杯

馬場状態は内の方が若干有利に見えます。
外からも差してくる馬はいますが、内があまり止まっているようには見えません。
実質的には内外差はなしかもしれませんが、内の方が有利と見て予想します。

◎ダイワキャグニー
〇サトノアレス
▲グレーターロンドン
☆ディバインコード
△クルーガー
×リスグラシュー
×ベルキャニオン

こちらはちょっと悩みました。
オッズだけ見るならグレーターロンドン中心の馬券で普通に良いように思えますが、内の方が有利でおそらくグレーターロンドンは大外回しになるはずです。
今回はある程度馬群がばらけると見ているので外から行く馬はさらに不利になるはずです。
それでも能力の違いで馬券圏内くらいはきそうかなと思いますが、かなり外を回される事もあるとは思うのでちょっと評価を下げました。

という事で本命はダイワキャグニーです。
前走は直線で見せ場はあったもののコーナーで置いていかれました。
おそらく一般的にいわれている右回りの関係だと思うので今回は大丈夫なはずです。
最初は複オッズが狙いにくいと思ったので本命はどうかと思いましたが、馬場状態や展開からグレーターロンドンやクルーガーの信頼度がそこまで高くないとなると1.7倍~2.1倍の複オッズでも狙えるかなと判断しました。

対抗にはサトノアレスです。
ダイワキャグニーを本命にしなければブッタ切る予定でした。
前走の内容から正直ダイワキャグニーを逆転するのは難しいのではないかと思ってます。
それくらいにはダイワキャグニーの方が余裕のある勝ち方でした。
さらに今回は斤量がプラスされて乗り変わりです。
内有利と見たのでグレーターロンドンやクルーガーの馬券圏内はそこまで盤石ではないと見たので3倍近くの複オッズなら狙えると見て対抗です。

単穴にグレーターロンドンです。
クルーガーがいなければ内有利だろうが本命でも良かったとは思います。
ただ、クルーガーがいるので追い込みで差し負けて馬券圏外、という事も十分にありえると見ました。
前がいったいったの展開での3着なので評価を落とす必要はないですが、今回もそこまで展開が向くようには見えないです。
それでも能力はクルーガーと並んで抜けてる可能性が高いと思うので単穴評価。

推奨馬にディバインコードです。
前目につけれらる馬で物色していたらこの馬になりました。
今年のNHKマイル組は昨年も言っていましたが、レッドアンシェルとアエロリットしか評価していないです。
そういう意味ではこの馬の能力も高く評価はしていないです。
ただ今回は馬場と展開から残る可能性もあると見て、サトノアレスが不発だった時の抑えとしてこの馬を評価しました。

抑えにクルーガーです。
まぁグレーターロンドンの抑えですね。
能力的にはグレーターロンドンの方が高いと思っているのでグレーターロンドンの方を高く評価しました。

入着アリにリスグラシューとベルキャニオン。

最強競馬ブログランキングではダノンプラチナを切った理由を書いてます。

※東京新聞杯:能力がある事は評価する。ただ、前走も勝ったとはいえメンバーはそこまで強いメンバーとは言えない。復活期待込みなら狙えない事もないが印は回せなかった

–スポンサードリンク–

京都1R予想

本命はイッツパーフェクト。
期待されながらも新馬戦は右に寄れ、左に寄れの大敗。
ダートが合うかどうかという問題があるもののメンバーも大した事ないので7倍近くオッズが付くなら狙っていいかなと。
新馬戦でも前に行く脚はしっかりとあったので未勝利は突破できる力はあるはずです。

コメントを残す
*