競馬

2017年 エルムS 能力評価ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダートの評価は芝以上に難しい。
もっとダート重賞増えるといいのになぁ。
評価してみると上位2頭以外はほぼ団子といった感じ。

能力評価ランキング

1位:テイエムジンソク
能力評価:A-

古川騎手に乗り替わってから見違える馬になった。
少なくともOPクラスで手間取る馬ではない事が分かる。
ダートトップクラスと戦ってもそん色ないのでは?とは思う。
G1タイトルには現実的に届きそうなのでA-とした。

2位:コスモカナディアン
能力評価:B

マーチSでは案外といった感じだが、川崎記念、仁川Sでの走りを見ればG1でも上位に来れるだけの力はある。
前走の安達太良Sは物足りないと言えば物足りないが仕上げも十分ではなかった様子。
少なくともG3タイトルくらいは楽に取れると思うが…。

3位:ピオネロ
能力評価:C

前走のマーキュリーSでは少し前が詰まるところがありながら2着。
クリノスターオーと斤量差があったにしろこちらを評価しても良いかなと思う。
未だ重賞未勝利だがG3くらいはいつ勝ってもおかしくないはずだが。

4位:クリノスターオー
能力評価:C

平安Sでは道中から行きっぷりが悪かった。
レベルが高くないG3なら上位争いする力はある。

5位:ロンドンタウン
能力評価:C

G3クラスならもう一つくらいは制覇しても良い。
ただ、アンタレスSで決して有利ではなかったロワジャルダンとは力差は感じる。
恵まれる必要はないが、不利があるとG3でも厳しいかなと。

6位:モンドクラッセ
能力評価:C-

みやこSを見るとダートトップクラスとはやはり力差があるといったところ。
ただ、テイエムジンソクを除いたこのメンバーなら勝ってもおかしくない実力はある。

7位:リッカルド
能力評価:C-

昨年のエルムSの覇者。
それだけ見れば重賞級のはずなのだが、その後がどうにもパッとしない。
師走Sと福島民友Cはそこまで悲観する内容でもない。
ただ、マリーンSはパフォーマンスが落ちてる感じ。
57kgだと急激にパフォーマンスが落ちるのか?

8位:ショウナンアポロン
能力評価:C-

東海S4着、昨年のマーチSとG3を勝つだけの下地はある。
逃げないと脆いのに、近走はスタートからの行きっぷりが妙に悪い。
もともとそんなに良い方ではなかったがそれ以上といったところ。
アンタレスSは逃げてはいるが何とかといった感じ。
年齢も年齢なのでそのあたりが影響してるのか…。
C-はちょっと甘めかもしれない。

9位:メイショウスミトモ
能力評価:D+

昨年ケイティブレイブを破っているように能力がない訳ではない。
少なくともOPクラスなら上位に来れる力はあるはず。

10位:リーゼントロック
能力評価:D+

OPクラスでは少なくとも上位。
重賞でも掲示板に乗れるだけの力はあるが勝つなると…。
アンタレスSで4着にきてはいるが、あの競馬ならロワジャルダン、ロンドンタウンはしのがないと重賞では厳しい。

11位:ドリームキラリ
能力評価:D+

前走のマーキュリーSは見どころがあった。
逃げられなければ脆いが逃げられれば。
今回はブリンカーを初着用するようだが、この効果が出れば…。

12位:オヤコダカ
能力評価:D

地方馬なので評価はし辛い。
兵庫ゴールドカップや星雲賞で測るべきか。
星雲賞でトウカイビジョンをちぎっているので少なくとも中央でも1600万クラスは卒業できるはず。
兵庫ゴールドカップはG3~OPメンバーといったところなので中央ではOPクラスといったところ。
ギリギリ馬券圏内に入れる可能性はあるのではないか。

13位:ラインハート
能力評価:E

ダートは未勝利戦と1000万で走っている。
芝では正直OPでも苦しいといった感じ。
ダートで変わり身があるとも思いにくい。

14位:タマモホルン
能力評価:E

地方で中央で走ってきた馬達と走ってきてはいるが、あまく見ても1600万条件クラスの馬達。
1600万クラスですら怪しいと思える馬なので、この馬は1000万クラスくらいかなと思われる。

エルムSの注目馬は[最強]競馬ブログランキングへ
関屋記念同様、予想オッズと自分の評価はわりと違う。



–スポンサードリンク–




コメント

コメントを残す

*